志葉玲タイムス

ジャーナリストが戦争・平和、人権、環境etcをテーマに発信

政府対策班の専門家「戦争状態」か「ロックダウン」か―迫る新型コロナの爆発的な流行

人々の接触の制限と感染者数の変化について解説 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための、厚生労働省クラスター対策班の専門家である、西浦博教授(北海道大学)は、先月末31日までのツイッターで、「戦争状態になっても冷静でいられる気持ちの準備を」「…

自民党議員がコロナ報道に「介入」を総務省に要求

問題の発言は今月5日の国会質疑で飛び出した。 新型コロナウイルス対策で初動が遅れた感が否めない安倍政権。各社の世論調査でも支持率が下落、メディア上でも安倍政権の対応への疑問の声が相次いでいる。そんな中、自民党議員が「報道機関に指導できないか…

トイレットペーパーやめてコアラを救おう-新型コロナ騒動で不足、970万倍 日本のトイレをエコ化、中東に学ぶ

環境団体がまとめたトイレットペーパーによる森林破壊についての報告書 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、デマが発端の買い占めでトイレットペーパーが不足、スーパーやドラッグストアに行っても、なかなか買えないということが続いている。こうした事態…

転売ヤーに鉄槌を―マスク・消毒液不足、ようやく経産省が動く トイレットペーパーにも対策を

トイレットペーパーはどこも品切れ 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、マスクや消毒液が供給不足が深刻な状況となっている。一般の消費者による需要の高まりだけでなく、転売目的で大量に買い占め、オークションサイトで適正価格の数倍以上で売りつける…

新型肺炎を爆誕させた中国の「食」と「漢方」―過去にもSARS流行の原因に

ウロコを持つ哺乳類センザンコウ。中国で食用、漢方薬の原料とされる 画像はwikipediaより 世界中をパニックに陥れている新型コロナウイルス。日本国内でも様々なイベントが中止、東京オリンピックの開催も危ぶまれるなど、騒動は広がるばかりだ。その発生源…

毎日新聞は望月記者を何故叩くのか?メディア関係者らが語る「記者会の闇」

東京新聞の望月衣塑子記者(写真中央) 『i-新聞記者ドキュメント』の試写会にて 最初に断っておくが、志葉も毎日新聞には、知人の記者も何人もいて、その仕事ぶりに敬意を持つ記者達もいる。なので、本投稿は、毎日新聞を攻撃することが目的ではなく、言わ…

「良い子達は皆、地獄行き」グラミー賞制覇の18歳、ビリ―・アイリッシュとグレタ・トゥーンベリの共通点

ビリー・アイリッシュさん ウィキペディアより 米国における最大の音楽賞「グラミー賞」の第62回授賞式が現地時間26日に行われ、現在18歳の女性シンガー・ソングライター、ビリー・アイリッシュさんが「年間最優秀アルバム賞」など主要4部門を制覇するという…

          志葉玲タイムス-ジャーナリストが戦争・平和、人権、環境etcをテーマに発信 (c)Rei Shiva